現金化のリスク・危険性について

クレジットカード現金化の利用停止を防ぐ!リスクと対処法

投稿日:


クレジットカード現金化は即日でお金を得られる資金調達方法です。

お金を用立てたくても、消費者金融などは審査がありますので借入はすぐにはできる訳ではありません。

クレジットカード現金化はショッピング枠さえあれば、誰でもできる・スピーディー・手軽という理由で利用する人は増えてきました。

ですが、クレジットカード現金化を利用しようとしている、または、していると『クレジットカードが利用停止になるリスクがあります』という文章や言葉を目にしたことはありませんか?

そこで当サイトでは今すぐ現金化したいけど利用停止は怖い!、利用しているけど、どんなことに注意すればいいの?という不安や疑問を解消すべく、徹底検証しました!

クレジットカード現金化で利用停止になったらどーなるの?


まずは一番気になる、クレジットカード現金化がカード会社にバレてしまい、利用停止になったらどうなるのかを確認してみましょう。

クレジットカード使用不可
新規のクレジットカードも作れなくなるかも?
ブラックリスト入り
未払金の一括請求

簡単に説明していきますね!

クレジットカード使用不可

利用停止ではなく、一時的にクレジットカードが使えない状態になってしまうことです。

当然、現金化目的ではないと疑いが晴れれば、一時停止が解除されてクレジットカードは再度使えるようになります。

ですが急に止められてしまうのでいざ使おうとした時に・・・!は困りますよね。

利用停止になったらカード会社に連絡しましょう。

新規のクレジットカードも作れなくなるかも?

クレジットカード現金化行為がカード会社にバレてしまい、クレジットカードが契約解除になった場合、あなたの信用情報に悪質なカードホルダーとして履歴が残ります。

クレジットカードの審査では信用情報を基に審査をしますので、クレジットカードが利用停止、契約解除になると新規のクレジットカードを作る際に影響してしまいます。

ブラックリスト入り

これは上記の新規クレジットカードが作れないかも?な理由と同様です。

信用情報の履歴は最大5年間保存され、様々な審査に使われます。

当然、クレジットカードの利用停止などの事故情報があれば審査が厳しくなりますし、通らなくなります。

そのため、いわゆるブラックリストに掲載された状態になってしまうのです。

未払金の一括請求

クレジットカードの利用停止の中で一番恐ろしい処置になります。

カードが使えなくなったりはまだ何とかなる感ありますが、未払金の一括返済となると・・・どーにもならない感じですよね

例えば、クレジットカード現金化を利用して20万円の現金化を行った場合。

もしもこの状態でクレジットカードが利用停止になってしまい一括請求されてしまったら!!その翌月、20万円を一括で支払うことに!

これでは資金調達のためにクレジットカード現金化をした意味がなくなってしまいますよね。

なんでクレジットカードが利用停止になるの?


クレジットカード現金化を利用したら何故、クレジットカードが利用停止になってしまうのでしょうか?

クレジットカードのショッピング枠を現金化するのはカードの規約で禁止されているからなのですが、そもそも、クレジットカード現金化は違法ではありません。

ですが、それはクレジットカード現金化を裁く法律がないから違法ではない、というだけで、限りなく黒に近いグレーな資金調達方法と言われているのも現状です。

とは言っても、どうしてもお金が必要な時ってありますよね?

結局はリスクも含めて自己責任になります。

利用停止にならずにクレジットカード現金化をするには?

クレジットカード現金化はリスクを含めての自己責任ですが、できればリスクを回避したい!というのも本音ですよね。

では、カード会社にバレずにクレジットカード現金化をするにはどんな点に注意すればいいのでしょうか?

どういった行動がカード会社の目に留まってしまうのでしょうか?対策を確認しましょう。

キャッシング枠を限度額いっぱい使用しない
換金性の高いアイテムだけを買わない
返済を遅れないようにする

キャッシング枠を限度額いっぱい使用しない

キャッシング枠を限度額いっぱい使っているという事は手元に現金がないということになります。

その状態でショッピング枠を使った場合、カード発行元の会社としては利用者が支払いをできるかどうか定かではなくなりますよね。

キャッシング枠をギリギリな状態で使っている上に高額な買い物をすると、何を買ったのか、確認の連絡が入りやすくなるのもこのためです。

逆に、キャッシング枠を残しておけばショッピング枠で高額な買い物をしてもキャッシングした方が早いのだから、という理由で疑われることもありませんよね。

換金性の高いアイテムだけを買わない

新幹線のチケットや金券など昔から換金性の高いアイテムは現金化してるのでは?と疑われます。今ですとamazonギフト券などでしょうか?

現金化に利用される換金性が高い商品は時代と共に変遷していきますが、カード発行元の会社としてもその都度に換金性が高い商品の購入を制限して来ました。

換金性の高い商品を、少額決済でも一日のうちに何度も購入したりするのは現金化目的ではないか?と思われる可能性が高いので気をつけましょう

返済を遅れない

クレジットカードは全国的に普及していて発行枚数は2億4千枚であることがクレジット協会の調査で明らかになっています

この膨大なクレジットカードの取引を1つ1つ調査していたのではキリがありませんよね?

そこでカード会社は条件付けで検索に当てはまった人を監視しているのです。

いつも返済が遅れがちな人もその検索条件に引っかかってしまいます。

安全にクレジットカード現金化をするには?


クレジットカードが利用停止になってしまうリスクはありますが、どうしてもお金が必要で困っているという方はそうも言ってられませんよね

カード会社にバレずにクレジットカード現金化をするにはどうすればいいのでしょうか?

結論から言いますと、優良な現金化業者を利用するのがおススメです。

そういった優良な業者はトラブルを起こさないためにも、しっかりとクレジットカード現金化の安全対策が取られているからです。

また、安全性を保つためにキャッシュバック方式が使われているのも特徴です。

キャッシュバック方式は従来の買取方式と違って換金性の高い商品を購入するのではありません。

あくまで商品購入の代金をキャッシュバックしているだけなので、カード会社も現金化目的の取引かどうか判断できないのです。

現金化目的か分からないから当然、利用停止になることもありません。

まとめ


いかがでしたでしょうか?

クレジットカード現金化は確かにリスクのある資金調達方法ですが、支払い遅延や換金性の高い商品ばかり購入するなどの、あからさまな利用をしない限りはクレジットカードの利用停止になる可能性は低いでしょう。

ですが、カード会社の利用規約にかかってしまうので、クレジットカード現金化は慎重に行った方が良さそうです。

自分で現金化をするとクレジットカード利用停止などのトラブルが起こりやすいのでリスクを回避するためにも、手数料を払ってでも現金化業者を利用しましょう。

優良な現金化業者を選ぶには?こちらを参考にどうぞ⇒クレジットカード現金化、悪質業者の詐欺被害に遭わない!未然に防ぐ方法

-現金化のリスク・危険性について


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした